リアルタイムWEB

Javascript はいままでクライアントアプリ、フロントエンドで使用されてきました。
現在、サーバサイドでJavaScriptベースのnode.jsライブラリを核とする事により、大量のリクエストを処理し、かつ拡張性の高いシステムを構築する事ができます。

メリット

  • 従来よりも大量のリクエストを処理し、かつ拡張性の高いシステムを構築可能。
  • クライアントとサーバが同じ言語で書け、クライアントとサーバで動的に機能を補完し合える。

Ajaxをフロントエンドとしたシステムに向いています。CPUを大量に使うような処理には向いていません。

詳細はお問い合わせください。