システム開発とリーンスタートアップ

最近システム開発の話題において、なにかとリーンスタートアップ(Lean Startup)というキーワードが登場します。このブログでも何度か登場しています。

直訳では「ムダな脂肪がない・起業」です。製造業で使われている「リーン方式」から来ています。

 

システム開発プロジェクトにおいても同じマインドが必要。お客様との事業の意識共有が必要な時代です。

リーンスタートアップに関して、しばらく説明をしたいと思います。

 

<wikipediaより抜粋>
リーン生産方式(リーンせいさんほうしき、lean manufacturing、lean product system、略称LPS)とは、1980年代にアメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)で日本の自動車産業における生産方式(主にトヨタ生産方式)を研究し、その成果を再体系化・一般化したものであり、生産管理手法の一種である。

トヨタ生産方式では7つのムダを定義し、それらを減らす・無くすことに注力している。当方式ではこのムダを「”会社と言う名の巨人”についた贅肉」と見立て、「贅肉のとれたスリムな状態」で生産活動を行うことを目指す生産方式として構築された。そして「贅肉のとれた」の意である英単語のlean(リーン)を用いてリーン生産方式と命名された。つまりムダの無い生産方式という事である。

Posted in

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="">