モバイルアプリ開発に最適な言語とは

現代において、スマートフォンは誰でも持っているデバイスであり、スマートフォンで使用されるアプリケーションはもっとも使用頻度の高いツールの一つといっても過言ではありません。
今までスマートフォンのWEBブラウザで実現していた機能であっても、アプリとして使えることで操作に不慣れなユーザーでも簡単に使えるようになってきています。
スマホアプリ、モバイルアプリなど様々な呼び名がありますが、それらを総括して皆が「アプリ」と認識しています。
実はアプリといっても大きく分けて3つに分類されており、使用しているユーザーはそれほど意識せずとも同じような形で使っています。

その分類は

1.WEBアプリ
2.ネイティブアプリ
3.ハイブリッドアプリ

となっております。

WEBアプリ

インターネット上のページを閲覧するブラウザを使っているアプリケーションです。HTMLやCSS、JavaScriptなどを使って作成されており、今までブラウザで操作していたソフトをスマートフォンに最適化してボタンやセレクトボックスなどを配置しています。
アプリというとスマホのホーム画面にアイコンが出ていますが、ブラウザのショートカットをホーム画面に置いて直接アクセスできるようにしています。

 

ネイティブアプリ

C+やjAVA、objective-cなどの開発言語を使用します。AndroidはAndroidやiOSはiOS独自の開発が必要ですが、現在は両方に対応するように「クロスプラットフォーム」で開発することが多くなっています。スマホのOSに合わせて作られているので、カメラやGPSなどの機能(ネイティブな機能)と連携することができます。

 

ハイブリッドアプリ

先に説明しましたWEBアプリとネイティブアプリを合わせたものです。WEBアプリでは実現が難しいネイティブな機能を使うことができます。HTMLやCSSに加えCordovaというフレームワークを使ってJavaScriptでネイティブな機能と連携が可能です。

 

アプリにはさまざまな開発手段がありますが、どれにもメリット・デメリットがあるため開発するアプリケーションの種類によって使い分けも必要でしょう。

Posted in

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*