新人PGとの書簡 エラーの特定方法(情報が無い場合)

お疲れ様です。Tです。

Parkerの環境構築はデスクトップ3台が終了しましたが、ノートブックのほうはインストールが正常終了したものの起動に失敗する状況が改善しません。

識者と相談して、オラクルを入れなおしてみたのですが、状況は変わりませんでした。

 

次のツール作成の依頼が来ました。期限は今日を含めて三日です。本日は、メイン機能(※実行ボタン押下イベント)以外を実装した状態まで作成。

先日アドバイスいただいたように、いきなり作らずに、要件をまとめて軽いチャートを書いてから着手しました。おかげで一本目より整理された見やすい記述ができたと思います。

 

Tさん、お疲れさまです。

原因不明(ログに出ない、コードを調べる時間、方法が無い)エラーに関しては、直接的な原因がなにかを確認したらよいと思います。たとえば何か設定ファイルが見つからない、ネットワークが繋がらないなどなど。

こういった事は、OSが発しているメッセージを調べるのがひとつの「直接的」な方法となります。調べる方法もProcessMonitor(XPだとFileMon)やNetMonといったツールになります。ファイルを探して見つからない、ネットワークソケットを開こうとして失敗、などといった事に着目する訳です。

 

ツールの開発について、

いいですね。骨格をまずコーディングしてメンテしていきましょう。

メインルーチンを書いているうちに、骨格が崩れてくるかもしれませんが、時間があれば整理しながらやればいいし、時間がなければ次はもっと精度の高い骨格をつくる良いトレーニングになりますよ。

 

その骨格を作る行為が、とりもなおさず設計ですね!

Posted in

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="">