複数環境からのデータの取得

先日Djangoで設定の説明の中、グローバルな設定はアプリから変えちゃダメ !という話を書きました。

あたりまえの話ではありますが、以前こういう事もありました。

WordPressを複数たてたサイトで、フロントのページはWordpress外のphpファイルという構成です。その外部のページに複数のWordpressからデータを取得 する事になりました。

ご存知のように外部のファイルでも対象のWordpressのwp-blog-header.phpを読み込めばその一員になれます。そこからさらに他のWordpressを対象にするとした場合、また設定を変更する必要があります。しかし、単純なwp-blog-header.phpの再読み込みでは設定の上書きはできません。wp-blog-header.phpの内容を追っていけばわかりますが、いずれにせよ一度しか読み込むことしか想定されていないので、マニュアルで設定関連の上書きが必要ですが、そこまでするよりも、他の方法を考えたほうが良いでしょう。

その時は欲しいデータを定期的に外部ファイルに書き出してキャッシュ化し、それを読むようにしました。あるいはDBを直接読めば良いでしょう。

とはいえ、一般のアプリではそうですが、複数のWordpressを管理する必要が有る場合はどうでしょう?そこはWordpressがMultiple Domainをどう管理しているかを解析して確認してみたいと思います。

 

Posted in

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre class="">