IOT(Internet of Things)の将来性について

IoT(Internet of Things)とはインターネットと、今まではインターネットと繋がりがなかった家電製品やドアのロックなどを繋げる仕組みのことです。

インターネットは、今ではあらゆる場所でアクセスができることや、スマートフォンの普及でアクセスするためのデバイスも一人一台、だれでも持っているといっても過言ではない時代になりました。そのため、インターネットとあらゆるものが繋がることで、その場にいなくても遠隔で操作することなどが生活の一部になりつつあります。

 

 

I0Tでどのようなことができるか?

自宅のテレビ録画を会社からできる
エアコンの暖房を帰宅前につけて部屋を暖めておくことができる
自動運転システム
ハウス栽培の温度、水、肥料などの管理

 

ほかにもさまざまな分野でIoTが活躍しているのです。

我々技術者にとっては、今後IoTの技術習得はさけては通れないでしょう。
学習する上で目標とするならば、IoTに特化した資格試験があります。

IoTシステム開発技術検定試験

この資格は、ランクがあり

基礎検定~中級検定~上級検定

と徐々にステップアップできるようになっております。
この資格以外にもあり、職業訓練や通信講座など様々な教育が受けられる環境が整っています。

このことからもIoT技術は将来的にも必要とされる技術であることがわかります。

Posted in

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*