WEBアプリケーションの将来性

現在では、スマートフォンの普及率が90%を超え、ほとんどの方がインターネットに関わりをもって生活しています。
電車でふと気が付くと、皆がスマートフォンを見てSNSやゲーム、ショッピング、はたまた仕事でさえもスマートフォンを使っており、まさに今がインターネット時代まっさかりといえるでしょう。
WEBアプリケーションは、スマートフォンの普及に合わせ、今まではPCでの閲覧を前提としていたものが、スマートフォンでも同様にアプリケーションが使えることが求められています。
ボタンの配置や文字の大きさ、別のウィンドウへの導線などをスマートフォンに最適化させることで、今までPCの前でなければ行えなかった作業がいつでもどこでも行えるようになるのです。

その可能性とし、
・工場など粉塵や熱といった過酷な環境ではPCを設置しても長持ちしません。そのため、別の部屋でPCを操作する必要がありましたが、スマートフォンであれば必要な時にとりだしすぐに操作が可能です。
・音声入力技術の向上により、指ではなく音声でアプリケーションを操作できる
・SNSとの連携により、情報共有が容易になる
・画像や動画のアップロードも、スマートフォンであれば撮影からアップロードまで一つあればできる

他にもさまざまな可能性をもっています。

弱点としてはインターネット環境がない場合ですが、現代においては富士山の上であっても4Gの電波が届くほどインフラが整備されています。日本であればインターネット環境がない場所のほうが珍しいくらいですので、WEBアプリケーションのメリットを考えるのであれば大した問題をはいえないでしょう。

今後はますますWEBアプリケーションが発達するはずです。我々技術者にとっては必須といえる技術といっても過言ではありません。

Posted in

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*